多摩市で太陽光発電を始めるなら

東日本大震災が原子力発電所の事故を引き起こしてからというもの、これまで当たり前だと思っていた電気がある状態が、本当は当たり前ではなかったのだということを思い知らされました。
それまでも自然エネルギーはエコという観点から注目され、しばしば話題になりましたが、誰にとっても自分には関係のないことという認識だったのではないでしょうか。
安全ではない原子力発電によってつくられる電気を拒否したら、今度は電気が来なくなるという事態に直面し、人々は自宅での電力確保を考え始めました。
その答えをくれたのが太陽光です。
太陽光発電は東日本大震災が起こる以前からすでに実用化されていましたが、この未
有の大震災をきっかけに自宅への設置を考えはじめた人が増えたと聞きます。
確かに、原子力発電による安価なエネルギーが確保できなくなった以上、高くつく化石燃料による火力発電の電気を選ぶしかないわけですが、それも不安です。
せめて自宅で使う分の電気は、太陽光発電によって家で作りだせたらという思いは、誰しも持ったと思います。
電力不足解消の意味もあってか、国から、都道府県から、地方自治体から補助金が出るようにもなりました。
日本の中でもっとも電気を必要とするのは、おそらく東京でしょう。
東京で災害が起こり、電気が止まってしまったらと思うと、想像するだけで恐ろしくなります。
そのとき、各家庭においては太陽光発電でまかなってくれれば、電力会社の電気は産業界に回すことができ、何とか最悪の事態は免れることでしょう。
多摩市は、現在のところ補助金の受付を終了していますので、東京都に多いトリプル補助金を受け取ることができないのですが、年度によって予算を計上し、受付をしていると思われることから、受付開始を待って申請をすることで、トリプル補助金を受け取ることが可能になりそうです。
多摩市は東京のベッドタウンとも言うべき街ですから、その街で電気の自給自足が進むことは、東京にとって非常に頼もしいことだと思います。