杉並区で太陽光発電を設置した。

私は東京都の杉並区に住んでいて、太陽光発電設置をしました。
原子力発電がこの先どうなるか分からないし、火力発電に比率が高くなればそれだけ電気料金がアップします。
それに、電力を化石燃料に頼っていたら、為替によってコストが上がる可能性もあるからです。
我々は電気料金を選択できません。
電気を使用する、使用しないは選択できますが、安い電力会社の電気を使うと言った選択ができないのです。
東京電力が値上げをすると言ったら、従うしかないのです。
設置を決断したのは、太陽光発電で作った電力は電力会社に売ることができる、つまり東京電力に売電できるのです。
その単価も1kwにつき42円で10年変わらない単価で販売できます。
この買取価格は多分これから下がっていきます、42円の今がチャンスと思って太陽光発電を設置しました。
4kwの能力の太陽光発電を設置しましたが、東京都は本当に太陽光発電に対して積極的で、補助金も他県とはけた違いに手厚い補助です。
国と東京都と杉並区の補助金を合わせて70万円弱の補助を受けることができました。
これだけでも他の県で太陽光発電をすることに対してもかなりのアドバンテージです。
太陽光発電で、70万の経済効果を発揮するには何年もかかります、それを補助金でもらうことができるのです。
東京で太陽光発電をするには、家が立て込んでいたり、ビルに影響されたりして設置環境が良いとはお世辞にもいえませんが。
もし太陽光発電が設置できる条件がそろっているならば、東京都民は絶対に太陽光発電を設置すべきです。