「太陽光発電」に世田谷区の幼稚園児も大喜びです!

私は東京、世田谷区で幼稚園を経営しています。
人数は50名ほどですのでそんなに大きな園ではありません。
地域の方々と協力して、子供たちを育てたいと思ってます。
世田谷区の中でもまわりは住宅街の中にあります。
建物はけっこう古く、もう30年くらい経っていると思います。
最近では子供の数が年々減ってきていまして経営も厳しくなってきました。
スタッフの者とも相談して「太陽光発電」に切り替えようかと
数年前から検討してきました。
費用の面でなかなか踏み切れずにいたのですが
最近ではテレビや広告などに「太陽光発電」のことがたびたび宣伝されていて
全国にかなり普及してきているのだな、と感じてきたのです。
今なら、補助金制度もあるし、今後のことも考えるとパネルを設置したほうが
よいのでは、と思うようになりました。
ネットで見積もりを出せるのでそれで数社の業者に見積もりを出してみました。
ただ、パネルの枚数などは実際に担当の方に見に来てもらわなければ
詳しい費用はわからないので、思いきって電話で頼んでみました。
幼稚園の建物は2階建てですが、屋上はコンクリートになっていて
ただの広いスペースとなっています。
洗濯物を干したりなどに使っているだけで、パネルを置く場所は広くあります。
担当者の方が来て、広さなどを測定してだいたいの見積もりを出してくれました。
投資費用は約10年くらいで回収できるとの説明があり、
これなら経営もなんとかやっていけるとわかり安心しました。
パネル設置の日はどきどきして見ていました。
スタッフの者も完成を楽しみにしてたので、パネルが設置されたときは
みんなで見学し、拍手で大賑わいでした。
今、まだ3ヶ月ほどしか経っていないのですが、毎日発電してくれています。
それに使い切れない余剰電気は電力会社に売ることができるので、嬉しいですね。
私のところの幼稚園児もパネルに興味を持ち出し「これは何?」と
いろいろ質問してきます。
ときどき「太陽光」についての簡単なお話を聞かせたりしています。
これからは園児も私も、太陽の光を大切にすることを忘れずに、
暮らしてしていきたいと思います。