これまでわが国のメインの電力発電源として利用されてきた、原子力発電ですが、いくつかの発電所には断層が走っていて、安全性が大きく疑われるようになっております。
原発に対する不信感はとても大きいので、安易な再稼働をすることは当面考えられません。
きちんと立地条件や耐久性がクリアされた後に、また原発がメインとなっていくのか、あるいは当面は火力発電に依存していくのかは、不透明な状況と言っても良いでしょう。
いずれにしても、原発はその安全性に疑問がありますし、火力発電は発電エネルギーとして、灯油を燃料とするので、地球温暖化の原因となる二酸化炭素をはじめ、有害ガスをたくさん排出するので、時代とは逆行するような発電システムと言わざるを得ません。
こういった状況の中で、自宅に太陽光発電のシステムを取り付ける家庭が増加しております。
八王子市の家庭を見てもその事が一目瞭然ですね。
最近市内を歩いていると、屋根に太陽パネルが取り付けられている状況をより多く見かけます。
エコライフを目指して積極的に導入している方が、増加しているあらわれでしょう。
八王子市は、東京都と言っても都心から離れていて、自然環境が多く取り残された地域ですので、この発電システムを稼働するには、最高の環境が整っていると言えます。
市内には太陽光を遮ってしまうような、高層ビルや高層マンションがあまりないので、一般家庭にこのシステムを取り付けた際には、多くの発電量が期待出来るでしょう。
このシステムは、取り付けた後には、20年あるいはそれ以上の長期にわたり、ほとんどメンテナンスをすることなく、利用し続けることが出来ますので、とても便利な発電システムなのです。
家庭に取り付けるので、各家庭で発電した電力は自由に利用する事が出来ます。
万一天災などが起こり停電になったしまっても、太陽光発電のシステムが稼働するために必要なエネルギーは、太陽の光だけですので、日中であればいつも通り発電が出来、不便なく電力を利用し続けることが出来るのです。